WiMAXの3つのデメリットについて

 

以前の記事ではWiMAXのメリットについて、
話をした。

 

メリットだけ話をするので、
これもトップ記事で軽く触れたが、
WiMAXのデメリットについて
話をしていこうと思う。

 

固定回線の方が回線としては優秀

 

まず初めに、
固定回線の方が回線として優秀なこと

 

特にケーブル回線などではなく光回線となると、
自宅でPCなどを利用する場合は、
普通にWiMAXよりも固定回線の方が優秀である。

 

そもそもWiMAXには通信制限があり、
ガッツリ家などでPCを利用する人にとっては向いていないのだけど、
通信制限以外にも回線としての能力的な意味でも、
固定回線の方が安定性や速度面においても優秀なことが多い。

 

特に、
WiMAXは下りと上りでの速度差が大きいので、
下りと上りで差が合っては困るような、
例えばFPSゲームや対人ゲームなどを真剣にやる人などは、
WiMAXは向いていないと言えるだろう。

 

家でガッツリPCを使って、
例えば仕事などをする人も、
WiMAXは向いていないだろう。

 

WiMAXよりも固定回線を利用した方がいい人の5つの特徴

 

外で使わない人にとってはメリットが希薄

 

次に、
外で使わない人にとってはメリットが希薄なこと

 

外でほとんど回線を使わない人にとっては、
WiMAXはそこまでメリットが無い。

 

全くメリットが無いとは言わないが、
そもそもWiMAXはモバイルWiFiルーターなので、
外で回線を使わないような人は、
そこまでメリットが無いように思う。

 

通信費が逆にあがってしまう人もいる

 

最後に、
通信費が逆にあがってしまう人もいること

 

例えば、
固定回線などを引いておらず、
スマホなども格安SIMで物凄く安く使っている場合、
WiMAXを持つことにより逆に回線費用が上がってしまう人もいるだろう。

 

また、
マンションなどで、
備え付けの回線などを利用している人も、
(回線料金を個別に払っていないような人)
逆に通信費が上がってしまうことになるので、
ある意味デメリットと言えるだろう。

 

終わりに

 

特に、
自宅で固定回線をガッツリ使うような人にとって、
そして外で回線を利用しない人にとって、
WiMAXを持つことのメリットは希薄なように思う。

 

逆に、
家でほとんどPCを使わず
外でガッツリPCを使いたい人にとっては、
WiMAXは脅威のパフォーマンスを発揮するだろう。