営業マンのいいなりにならないことの重要性

 

あなたは、
営業マンを信じすぎていないだろうか?

 

特に、
ソフトバンクやAU、
ドコモなどの携帯ショップの店員や、
ヤマダ電機などの家電量販店にいる、
人たちのことである。

 

確かに、
彼らの言うことは一理ある。

 

しかも詳しい。
(まあ、それが仕事なのだからそうなのだが。)

 

しかし、
それと信頼出来る、
出来ないというのは別の話である。

 

営業マンは都合のいいことしか言わない

 

当たり前の話であるが、
営業マンは、
都合のいいことしか言わない

 

つまり、
自社商品を売るために、
事実を捻じ曲げてくる

 

勿論、
あからさまなウソをついてしまっては、
問題になる(最悪法律に触れる)ので、
あからさまなウソはつかないが、
それでも、
ギリギリのウソを並べて、
あなたに自社商品を買わそうとしてくる。

 

特に家電量販店がそうだ。

 

鬼の押し売り。

 

まあ、
彼らにはノルマが有り、
大変だと思うが、
消費者である我々にとってはそんなことは知ったことでは無い。

 

詳しくない人は特に注意を

 

特に、
ネット回線などに詳しくない人は、
こういった営業マンの言いなりになり、
無駄なお金を払い続けている傾向にある。

 

数百円を節約するために、
スーパーをハシゴするくせに、
数千円、
酷い人だと数万円、
毎月無駄に通信費を払い続ける矛盾には目をつむっている。

 

何度でも言うが、
営業マンは都合のいいことしか言わない

 

自社商品を売る必要が有るからだ。

 

営業マンのいいなりにはならないように、
気をつけよう