通信関係は独立して考える

 

これは私が実際にフレッツ光というインターネット回線の販売員をしていた時も、
強く思っていたことであるが、
通信関係は独立して考えることが重要である。

 

このことだけだと、
全く意味がわからないと思うので、
詳しく説明していこうと思う。

 

独立して考える

 

具体的に話をすると、
独立して考えるとは
一つの企業やメーカーで
統一して商品を持たないということである。

 

例えばソフトバンクや、
ドコモ、
そしてAUであるが、
例えばソフトバンクならば、
ソフトバンクのスマホ、
ソフトバンクの光回線(ソフトバンクエアー)、
ドコモならば、
ドコモのスマホ、
ドコモの光回線、
AUで言えば、
AUのスマホ、
AU光の回線などであるが、
一見すると、
一緒にスマホと光回線を契約をすると、
請求なども一つになり、
また実際に各携帯キャリアなども、
一緒に申し込めば安いプランなどを用意しており、
お得になるように思うが、
個人的にはそれぞれ回線は回線、
スマホはスマホのように別々に考えることがおすすめである。

 

なぜ別々に考えるのか

 

なぜ別々に考えるのかと言えば、
例えばソフトバンクのスマホが素晴らしいからと言って、
ソフトバンクの光回線が素晴らしいわけでもなく、
AUのスマホが素晴らしいからと言って、
AUの光回線が素晴らしいわけでは無いからだ。

 

また、
本当はあなたにそこまで必要の無いサービスなのに、
一緒にするなら安くなるという理由だけで、
無駄に使っている可能性も高い。

 

なので、
そういう事態を避けるためにも、
通信関係は個別で考えることが重要である。

 

私の例

 

私の例で言えば、
今現在、
インターネット回線は私の住むマンションの共益費に組み込まれるタイプなので、
インターネット回線は自分で選んだわけでは無いが、
(ちなみにU−COM光という回線である。
UーCOM光はは特別素晴らしいというわけでは無いが、
実質無料で使えているので無料なので不満らしい不満は一切無い。)
もし私がインターネット回線を自分で選ぶならば、
もし通っているならば、
NURO光の回線を選ぶだろう。

 

そして、
私は今現在、
スマホはマイネオという会社の格安SIMを利用しているが、
これもマイネオは他の格安SIMと比較して非常に安い値段で使えるからという理由があり、
一緒にやるから安くなるという単純な理由で、
選んではいない。

 

また、
NURO光を選ぶ理由は、
NURO光が現状存在する固定回線の中で、
最も能力が高いと思うからだ。
(もし私が外でパソコンを使う機会などが増えるならば、
私はWiMAXの購入を検討するかもしれない。)

 

そのように、
独立して考えることが重要で、
独立して考えることで
本当に自分に必要で適しているものを選ぶことが出来るように思う。

 

また、
独立して考えることにより
結果的には、
本当に必要なものだけに対して料金を支払うことになり、
節約にも繋がるように思う。

 

終わりに

 

確かに、
例えばドコモのスマホとドコモ光などを一緒にやると、
料金は安くなるかもしれないが、
(実際に安くなるが。)
そういう選び方をしている限り、
本当に自分に必要なものを選ぶことは出来ないだろうし、
また自分に合っているものを選ぶことは難しいような気がする。

 

しっかりと、
本当に自分に必要かどうか、
そして自分に適しているかどうかを考えるならば、
通信関係は独立して考えるべきだろう。