通信関係でよく出てくる上りとか下りとかの簡単な説明

 

基本的なことだけど、
一応説明を。

 

WiMAXに限った話では無く、
インターネット回線とかでも出てくる話だとは思うが、
(今だとスマホを使う際も出てくる言葉だろう。)
下りとか上りとか、
下り回線とか上り回線とか、
なんのことかわからない人にとっては、
結構気になることのように思う。

 

知っている人も多いように思うが、
一応この、
上りとか下りとかの簡単な説明をしていきたいと思う。

 

上りと下りについての簡単な説明

 

上り(の速度)とは
アップロードをする際の速度のこと

 

下り(の速度)とは
ダウンロードをする際の速度のこと。

 

メールとかで例えてみると、
メールを受信するのがダウンロード

 

メールを送信するのがアップロードということになる。

 

youtubeなどをよく見たりする人ならば、
youtubeを見たりするのはダウンロード
youtubeに動画をあげたりするのはアップロードということになる。

 

WiMAXの上りと下りについて

 

ちなみに、
WiMAXは、
上りの最大速度と下りの最大速度にかなり差がある

 

普通に使う分には全く影響は無いが、
オンラインの対戦型のゲームや、
アップロードを大量にする仕事などをしている場合、
(youtubeに毎日大量に動画をアップロードするなど。)
上りの速度が遅いことや、
上りと下りの速度差が致命的になる可能性もあるので、
注意は必要である。
(というかyoutuberであったり、
オンラインゲームのガチ勢は、
WiMAXでは無く普通に固定回線を引く方が無難である。)