トップページ

約二年前。

 

私はWiMAXを購入した。

 

WiMAXを購入した理由3つ

 

  1. 毎月かかる通信費を少しでも下げたかったから
  2. 毎月終わりのスマホの通信制限がうざかったから
  3. 外でもパソコンが使えるようになりたかったから

 

この3つだ。

 

WiMAX,とくとくBB

 

WiMAXは、
インターネット上で、
そして、
とくとくBBで申し込んだ。

 

インターネット上で、
そしてとくとくBBを通して申し込んだのにも2つの理由がある

 

その理由は、

 

  1. 店舗販売では押し売りがうざいので、店舗では買いたくなかった
  2. ネット上での口コミが、とくとくBBが一番よくその理由も納得出来た

 

この2点だ。

 

今現在、
WiMAX自体の購入を悩まれている人もいるだろう。

 

WiMAXをどこのプロバイダ経由で購入しようか、
迷っている人もいるだろう。

 

何を隠そう、
WiMAXを購入する前、
私も迷っていた。

 

そもそも、
自分にはWiMAXが適しているのか、
どのプロバイダから契約するのが一番得なのか。

 

そして、
徹底的に調べた。

 

結論から言うと、
WiMAXを購入するならば、
とくとくBBから購入する以外に選択肢は無い

 

私は、
かなり疑い深い。

 

以前、
ブランド時計を購入した経験が有るのだが、
その時計も約2年間、
徹底的に比較検討し、
そした数十社に及ぶ時計ブランドを比較検討した結果、
選び抜いて購入した。
(本当に尋常ではないくらい疑い深いので、
2年間で合計数十店舗は周った・・・。)

 

そんな誰よりも疑い深い私が、
選んだとくとくBB

 

なぜ私が、
WiMAXを、
そして数あるWiMAXのプロバイダの中でもとくとくBBを選んだのか、
その理由について細かく説明していこうと思う。

 

なぜWiMAXを選んだか。

 

 

私は以前、
営業職をしていた。

 

あなたも名前くらいは聞いたことはあると思うが、
フレッツ光というインターネット回線の販売をしていた。

 

売る手法は
テレマーケティング(電話営業)と言い、
テレマーケティングとは簡単に言うと、
知らない家庭に、
勝手に電話をかけ、

 

「あなたのご家庭の固定回線をフレッツ光に変えませんか?」
「インターネットをされていないのであれば、
この機会にフレッツ光で新しくインターネットを初めてみませんか?」

 

というもので、
電話をかけた相手がインターネット回線を引いていないのであれば、
フレッツ光の回線を新しく引かせたり、
また他社のインターネット回線を使っているなら、
フレッツ光に乗り換えさせることが目的であった。

 

はっきり言って、
フレッツ光最強固定光回線だった。

 

私が担当していた西日本全般の地域では、
フレッツ光のライバルに、
AU光、EO光(電力系の光回線)、J-COM(ケーブル回線)などがあったが、
どのインターネット回線も、
フレッツ光とは比較にならなかった。
(EO光(電力系)は、
フレッツ光と料金体系や性能なども近く、
そこそこ優秀な回線だったと思うが。)

 

フレッツ光は、
強固なNTTブランド、
圧倒的な回線速度、
明瞭な値段設定、
莫大なキャッシュバック特典を兼ね備えていた。

 

相手に話さえきく姿勢があれば、
私はどんな客でも、
家の固定回線を、
フレッツ光に変えさせる自信があった。

 

それだけ、
フレッツ光の回線が、
優秀だったのである。

 

※フレッツ光の回線が優秀だったのは、
あくまで私がフレッツ光の営業をしていた、
2014年頃の話です。

 

WiMAX,とくとくBB

 

そんな中、
フレッツ光の唯一のライバルだったのが、
モバイルルーター回線
その中でもWiMAXだったのだ。

 

WiMAXはフレッツ光の最強のライバルだった。
E-Mobile(現ワイモバイル)など目では無い。

 

E-Mobaileは回線速度が遅い
それに解約時の違約金が異常に高い

 

ゴミである。

 

しかし、
WiMAXは違った。

 

WiMAXは、
今でこそ、
3日で3GBの制限がかかっているが、
私がフレッツ光を販売している当時は、
3日で3GBなどの制限は一切なく、
使い放題で、
速度もむちゃくちゃ快適
また解約金も安く
そして料金も安いという最強スペックを誇っていたのだ。

 

WiMAX(とくとくBB)は3日で3GBの制限は無くなり
今は3日で10GBの制限に改善されました。

 

固定回線を否定する訳ではないが、
固定回線は、
小回りが利かない

 

ハッキリ言って、
固定回線は回線を引くのも、
鬼のようにめんどうだし、
(回線工事等)
解約する時も、
鬼のように面倒である。

 

しかし、
WiMAXは違う。

 

契約する時も、
基本一瞬だし、
何より、
申し込んでから、
使えるようになるまでが早い

 

フレッツ光などの固定回線は、
申し込んでから、
工事をして実際に回線を使えるようになるまで、
1カ月程度かそれ以上の期間がかかることも有るが、
WiMAXは申し込んでから、
機器が届いて実際に使えるようになるまで、
せいぜい1週間以内である。

 

とくとくBBならば、
無料で即日発送できます。

 

とにかく私が営業マンだった頃は、
WiMAXはフレッツ光の最強のライバルだった。

 

相手が話を聞いてくれる姿勢があれば、
相手が契約してもらうまで粘りまくる営業スタイルの私だったが、
相手がWiMAXを使っていると知った瞬間諦めるほどだったのだから。

 

また、
WiMAXを使っているユーザーは、
インターネット回線に関しての知識が非常にあり
また、
WiMAXに対してほとんど不満が無いユーザーばかりだったのを覚えている。
(だから、
WiMAXユーザーからは、
私はほとんど契約を取れなかったのである。)

 

WiMAXについて

 

WiMAX,とくとくBB

 

一応だが、
WiMAXについての説明も簡単にしようと思う。

 

WiMAXとは、
モバイルWifi機器のことである。

 

インターネットを接続する上で、
例えばパソコンを持っている人ならば、
フレッツ光EO光
AU光や、
今ならばドコモ光ソフトバンク光などの固定回線を引いていると思う。

 

マンションの人と一戸建ての人で多少の違いはあるが、
自宅でパソコンをする人は、
ほとんど、
この固定回線を引いていると思う。

 

そして、
固定回線を引いている人ならば、
家の中をWifi環境にしている人も多いと思う。

 

Wifi環境とは
バッファローなどの無線LAN機を設置して、
家の中だと固定回線を使わずに
(LANケーブルでパソコンを繋がずに)
パソコンをすることが出来るようになるものである。

 

↓私が実際に自宅で使用しているバッファローの無線機

 

WiMAXを持つということはいわば、
この家での無線LAN状態が、
外でも出来るようになるということである。

 

つまり、
WiMAXを持っていれば
WiMAXの接続エリア内であれば
自由にインターネットの接続が出来るようになるということである。

 

WiMAXの接続エリアは今は非常に広いため、
簡単に言うとWiMAXがあれば、
日本のほとんどの場所でインターネットに接続できるようになるということです。

 

WiMAXのメリットについて

 

次に、
WiMAXを持つことのメリットについて話をしていこうと思う。

 

WiMAXを持つことのメリットは、

 

外でPCが使えるようになる
スマホなどの利用通信制限を気にしなくて済むようになる
通信費を節約できるようになる

 

この3点である。

 

1 外でPCが使えるようになる

 

WiMAXの電波は、
余程の田舎でなければ、
基本的には繋がる

 

なので、
どんな場所でも、
WiMAXは使うことが出来る

 

なので、
WiMAXの電波が届く場所であれば、
どんな場所でも自由にPCが使えるようになる

 

2 スマホなどの通信制限を気にしなくて済むようになる

 

次に、
スマホなどの通信制限を気にしなくて済むようになる

 

例えば、
ソフトバンク・AU・ドコモなどのキャリア携帯のスマホを使っている人は、
月間通信制限というものがあると思う。

 

そしてほとんどの人、
特に若い人や、
スマホなどでよくゲームをする人や、
スマホでよく動画などを見る人は、
月の中頃もしくは月の終わり頃にスマホに通信制限がかかり、
非常にストレスになっていると思う。

 

WiMAXにも月間7GBの通信制限が有るのだが、
月額基本料金にプラスして654円払えば、
月間7GBの制限は無くなり通信し放題になる。
(後述するが、
3日で3GBの制限はかかる。)

 

※3日で3GBの制限は無くなり、
3日で10GBの制限に改善されました。

 

なので、
特にスマホなどをヘビーユーズする人にとっては、
WiMAXはかなりの威力を発揮するだろう。

 

youtubeの動画なども、
3日で10GBの制限がかかっていても
ストレス無く視聴することが出来ます

 

3 スマホなどの通信費の節約

 

そして最後に、
スマホなどの通信費の節約

 

例えば、
ほとんどの人が、
スマホの料金に、
毎月7000円〜8000円くらいかかっていると思う。

 

この料金をWiMAXを持つことにより、
抑えることが出来る

 

あなたの携帯が、
au、ソフトバンクの場合、
スマホ自体の電波を切ることが出来る。

 

これはどういうことかと言うと、
私たちがスマホを持つということは、
必然的に、
パケット定額使い放題のプランに加入しており、
その定額代が、
今だと5700円程かかっている。

 

しかしこの定額代を従量課金制、
つまり使えば使うほど、
お金がかかるシステムに変えることが出来れば、
auだと、
月額2000円に抑えることが出来、
wimax代である、
約月額4300円を浮かすことが出来る。

※2016年現在、このプランは有りません。

※追記 2017/07/24

 

今だと、
格安シムなどのサービスとWiMAXを併用するのが、
最もコストパフォーマンスがいいと思います。

 

実際に、
私もAUの携帯を解約し、
mineo(マイネオ)という格安SIMを使っています

 

格安SIMに関心がある方は、
私が実際に使用しているmineoのレビューをしていますので、
下記のサイトも是非ご覧ください。

 

また、
インターネットをあまり利用しない人であれば、
WiMAXを購入して、
思い切って固定回線の契約を解除するという方法もある。

 

固定回線の契約を解除することにより、
大幅に通信費を節約することが出来る。

 

またWiMAXは早い。
とにかく回線のストレスが無い。

 

これは、
3日で10GBの制限がかかっていても、
感じることだ。

 

回線速度が早いというのも、
WiMAXの大きなメリットだろう。

 

WiMAXのデメリットについて

 

WiMAX,とくとくBB

 

では次に、
WiMAXのデメリットについて、
お話しようと思う。

 

まずWiMAXのデメリットとして、
持ち歩く際に邪魔である。

 

私個人としては、
そこまで邪魔だとは思わないのだが、
外に持ち運ぶ際に、
邪魔だと思う人もいるだろう。

 

またたまにだが、
WiMAX自体を外に持っていくことを忘れることがある。

 

WiMAXを持っていかなければ、
スマホなども電波を繋ぐことが出来なくなり、
非常に困る。

 

そして、
WiMAXの充電をし忘れることもあること

 

充電を忘れれば、
勿論WiMAXを使うことは出来ない。

 

次に、
3日で3GBの制限があること。

 

WiMAXをヘビーユーズする人にとっては、
3日で3GBなど一瞬で到達する。

 

特にYoutubeやニコニコ動画、
その他ネットで映画などを視聴すれば、
あっと言う間に到達するだろう。

 

ただ、
3日で3GBに到達し、
制限がかかるようになったとしても、
youtubeなどの動画は、
全くストレスなく閲覧できるレベルである。

 

なのでその部分に関しては安心してもらえたらと思う。

 

※3日で3GBの制限では無く、
3日で10GBの制限に改善されました。

 

後は、
地域や場所によっては電波が入りにくい場所もある。

 

例えば、
高層マンションが立ち並ぶ場所や都会など、
またビルの中などや、
地下鉄など、
WiMAXの電波の性質から、
若干電波が届きにくくなっている

 

が、
これも普通に使う分にはそこまで気にする必要は無いだろう。

 

WiMAXと固定回線

 

固定回線を引こうか、
それともWiMAXにしようか迷っている人もいると思うので、
その部分について、
話をしていこうと思う。

 

ずばり、
固定回線かWiMAX(モバイルwifi機器)かを選ぶ際は、
あなたがどのようにネットを使うかによる

 

ネットをヘビーユーズ、
(毎日数時間以上の動画の閲覧や、
動画の投稿(youtubeやニコニコ動画等))や、
パソコンなどで、
株やFXなどの取引をしている人は、
間違いなく固定回線を引いた方がいい

 

株の取り引きや、
FXの取り引きなど、
よほどの短期売買1分間に何度も売り買いを行うような、
スキャルピングタイプのトレード以外は、
WiMAXの回線でも問題無く、
トレードは出来ます

 

ただ、
株やFXの専業トレーダーの人は、
自己投資
設備投資などという観点から、
回線にはお金をかけた方がいいと思うので、
固定回線を引いた方が無難でしょう。

 

その他、
ネットゲームをする人なども、
固定回線を引くべきだろう。

 

※特にオンラインの対戦型のネットゲームなどは、
固定回線を引いた方がいいです。

 

あなたが、
プロゲーマーや、
youtuberなどの、
オンラインゲームのガチ勢ならば、
間違いなく固定回線は引いた方がいいでしょう。

 

WiMAXの電波はそれなりには安定しているが、
(場所や地域にもよる。)
固定回線に比べれば
その速度や安定感はハッキリ言って劣る

 

ちなみに私は、
家で固定回線も引いて、
WiMAXも所有している。

 

あまりパソコン等を家でしなかったり、
スマホなども使わない場合は、
固定回線もWiMAX一本という選択肢もありだと思うが、
インターネットを頻繁に使う人は、
固定回線も引いた方が無難であろう。

 

WiMAXを購入するなら

 

私はWiMAXを、
インターネット上でとくとくBBで申し込んだ。

 

キャッシュバック金額等も含め、
総合的に考えれば、
無数に存在するWiMAXのプロバイダの中で、
WiMAXを購入するするならば、
とくとくBBから申し込むのが金銭的な意味で一番得である。

 

【2019年5月】とくとくBBと、とくとくBB以外のプロバイダの3年間使用時にかかる費用を徹底比較してみた

 

とくとくBBは、
申し込んでから、
1週間以内でWiMAX機器が届いた。
(確か申し込んでからWiMAXが届くまで5日くらいだったように思う。)

 

WiMAXの設定も、
WiMAXに同封されている説明書を読めば
機会オンチの私でも容易に設定することが出来た

 

 

 

とくとくBBのキャッシュバックキャンペーンに関して

 

WiMAXをとくとくBB経由で申し込む際に、
ほとんどの人は高額なキャッシュバックが目当てでとくとくBBから申し込むと思うが、
とくとくBBのキャッシュバックは、
少しだけ難解になっているので注意が必要である。

 

WiMAXが届いた月(端末受け取り月)を合わせて、
11か月目に、
とくとくBBで作ったメールアドレス宛に、
キャッシュバックキャンペーンの詳細メールが届く。

 

その届いたメールから、
キャッシュバックに関する手続きをしなければ、
キャッシュバックを受け取れない仕組みになっている。

 

特別とくとくBB側から、
11カ月目にアクションがあるわけではないので、
忘れずに、
11か月目に、
メールを確認するようにしたい。

追記2016/10/31

 

私が申し込んだ時は、
無かったのだが、
新しく、
20日以内ならキャンセルOK
長期割が始まったらしい。

 

 

20日以内ならキャンセルOKは、
WiMAX2+のピンポイントエリア判定で、
〇のエリアであれば、
20日以内なら解約金が無料で、
キャンセルが可能というもの。
(WiMAX本体を、
とくとくBBに返却する際の返送料は、
自費負担になります。)

 

長期割は、
WiMAXの月額料金が、
25か月目以降も、
安くなるというものである。

 

追記2017/02/14

 

記事中でも何度か触れたが、
3日で3GBの制限が、
3日で10GBに改善された。

 

 

また、
即日発送も無料で、
出来るようになった。

 

 

※2017/03/09現在、
即日発送は行っていません。

 

※2017/08/19現在、
即日発送のサービスは行われています。

 

追記2017/03/09

 

2017年3月9日現在、
とくとくBBでWiMAXに申し込むと、
必ず、
安心サポートと、
Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプションを必ず付帯しなければならないようである。

 

↓安心サポート

↓Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプション

 

一応、
それぞれ無料期間はあるが、
必要無い場合は、
解約しなければ毎月無駄にお金を払うことになるので、
必ず解約しておくようにしよう。

 

※解約は、
WiMAX契約後、
BBnaviから解約することができます。

 

追記 2017/03/09

 

2017/03/09現在
WiMAXを新しく購入するならば、
一番人気である、
Speed Wi-Fi NEXT WX03で問題無い。

 

 

参考までに。

 

追記 2017/08/19

 

2017/08/19現在
WiMAXを契約するならば、
最新機種のW04で問題無い。

 

追記 2018/02/22

 

2018/02/22現在
WiMAXを契約するならば、
最新機種のW05で問題無い。

 

 

追記 2018/08/10

 


2018年8月10日現在、
とくとくBBでは2年プランか3年プランを選ぶことが出来る

 

個人的にも、
3年プランには特にメリットを感じないので、
2年プランを選べば問題は無いだろう。

 

追記 2018/12/02

 

とくとくBBでは、
上記にあげていた2年プランの提供が終わり
全て3年プランになりました

 

ですが依然として、
WiMAXを申し込むならば、
とくとくBBがもっとも金銭的にお得なことは間違いないので、
WiMAXを申し込むなら、
プロバイダはとくとくBB経由で問題は無いでしょう。
(3年プランを選択出来るプロバイダが、
現在存在しないのと、
キャッシュバック金額を含めた、
3年間の実質の月額利用料は、
とくとくBB経由での申し込みが、
WiMAXを使う上で、
最もお得なため。)

 

また、
2018/12/06現在、
選択出来る機種がW05と、
WX05の2機種がありますが、
電波の安定性やバッテリー持ちの観点などから、
最新機種のWX05の方がおすすめ出来ます。

 

追記 2019/03/09

 

2019年3月9日現在、
機種を選ぶ際は、
最新機種のW06で問題ありません。

 

 

W06とWX05 どちらの機種を選ぶべきか

 

追記 2019/05/11

 

2019年5月11日現在、
とくとくBBでWiMAXを購入するならば、
キャッシュバックキャンペーンを利用するよりも、
月額割引キャンペーンを利用した方がお得です。

 

詳しくは下記の記事をどうぞ。

 

2019年5月現在 キャッシバックキャンペーンを活用するよりも月額割引キャンペーンを活用した方がお得

 

 

 

終わりに

 

WiMAXに関して、
またとくとくBBに関しては、
様々な話がある。

 

いい話ばかりでは無い
悪い話だってある

 

WiMAXに限ったことでは無いが、
ネット上の口コミというものは、
嘘もあれば、
本当のこともある。

 

また、
その人のその人によって、
感じ方は千差万別である。

 

最終的には、
あなた自身が、
しっかりと情報を収集して、
正しい判断を下せるようになることが非常に重要である。

 

このサイトが少しでも、
あなたがWiMAXを検討する際の参考になれば幸いである。